好きな人を待ち伏せしたらストーカー? 違法? 訴えられる?


待ち伏せする男わたしたちの中学時代や高校時代は、校門や帰り道に好きな女子を待ち伏せしている男子の姿をちょくちょく見かけたものです。かといって、目当ての子が通りかかっても、声をかける勇気もない。そんな勇気があればさっさと告白していますからね。離れたところからちらちら見ているのです。

ほろ苦い青春ですよねー。

ところが、昨今ではストーカー規制法が成立し、つきまといや待ち伏せも規制の対象内。いまのJC(女子中学生)やJK(女子高生)を待ち伏せしたりしていると、

「ストーカーやめろー、通報すんぞっ」

という罵声が飛んでくるとかこないとか。

きょうはそこンとこをハッキリさせようと思います。

好きな人を待ち伏せしたら罪に問われるのか?

断じてありません。人を好きになる権利は憲法で保障されています。基本的人権、というやつです。

ただし、たんなる待ち伏せなら、という前提つきです。

相手の身体の安全や生活の平穏、行動の自由をおびやかすような行動をとればアウト。相手が嫌がっていて、「ストーカーやめろー、通報すんぞっ」といったハッキリした意思表示があったにもかかわらず、やめなければ法に触れます。

通報されると、どういう罰が待っているかは、この記事をチェック。

法律は、あなたの恋愛する権利を保障するとともに、あなたの好きな相手の人権も守っている、ということですね。

どういう行為がストーカーなのか

好きな相手に対してとる行動はいろいろありましょう。それにしても、具体的にどういう基準でもって、法はただの恋愛衝動とストーカー行為を区別しているのでしょうか。なにをしたら、ダメなのでしょうか。

法律が定めるストーカー行為とはこういうものをいいます。

1.行動の背景に好意がある

いうまでもないですね。赤の他人が道路であなたの前に立ちふさがったり、だれかれなしに待ち伏せしては脅かしたりしていても、ストーカー行為とはいいません。

芸能人に対する、一方的な恋愛感情――あこがれの感情も含みます。異性だけでなく、同性も対象内です。

2.相手に憎しみを抱いている

憎しみからくる行動もストーカー行為とみなされます。

好意とは正反対の感情ですけれど、「かわいさ余って憎さ100倍」という言葉があります。好きな相手に冷たくされたり、傷つけられたり、フラれたりすると、愛情が憎しみに変わることがよくある。交際相手にふられた、といった場合もひんぱんにこうした感情が芽生えます。

憎しみを発散するためにおこなう、相手への嫌がらせも、法律はストーカー行為と断じ、規制しています。

そういえば昔、こんな広告コピーがありました。

――こんなに憎しみ合うのは、あんなに愛し合ってたからですか(1990年、パルコ)

あ、歳バレしますね(笑)。

3.相手の近しい人が行為の対象となっている

まちぶせしたり、あとをつけたり、電話やメールをしてみたり……。普通は好きな相手におこなう行動を、相手の家族(夫や子ども、両親、祖父母など)に対しておこなえば、常軌を逸したものと判断されて、処罰の対象になります。

相手の職場の同僚や友人でもダメです。

4.なにをするといけないの?

ストーカー行為というのは、大きく分けると次の7つに分類できます。

  1. つきまとい・待ち伏せ・押し掛け
  2. 面会・交際の要求
  3. 無言電話・連続した電話、ファックス
  4. 名誉を傷つける
  5. 監視していると告げる行為
  6. 乱暴な言動
  7. 汚物など不快な物の送付、性的しゅう恥心の侵害

もっとも多いのは、やはり②の交際や復縁の要求です。ストーカー行為を働く目的そのものですから、これは当然ですね。ついで多いのが、①のつきまといと③の無言電話、連続電話です。

7つのストーカー行為について、具体的などんなものがあるのかをご紹介しておきます。

1.つきまとい・待ち伏せ・押し掛け

  • 尾行する。
  • 通勤路などで待ち伏せる、立ちふさがる。
  • 自宅や会社、学校の近くで見張る。
  • 自宅や会社、学校に押しかける。

2.面会・交際の要求

  • 交際や復縁、デートをしつこく要求する。
  • プレゼントを受けとるよう要求する。

3.無言電話・連続した電話、ファックス

  • 電話をかけて、黙っている。
  • 拒否されたにもかかわらず、何度も電話やメール、ファックスをする。

4.名誉を傷つける

  • 相手を中傷したり、傷つけたりする内容の文書などを送りつける。
  • ネットの掲示板やSNSなどに、悪口を書き込む。
  • 会社や自宅などの付近で中傷ビラをばらまく。

5.監視していると告げる行為

  • その日の洋服の色や、どこへ行ったかなどを告げ、監視しているとにおわせる。
  • 帰宅直後に「お帰り」などと電話やメールをする。
  • ネットの掲示板やSNSなどで、あなたの行動に関する書き込みをする。

6.乱暴な言動

  • 「バカ野郎」などと乱暴な言葉を投げかける。
  • 大声を怒鳴る。
  • 家の前で、クルマのクラクションを鳴らす。

7.汚物など不快な物の送付、性的しゅう恥心の侵害

  • 汚物を自宅に送る。
  • 動物の死体など、不快感や嫌悪感を与えるものを送りつける。
  • わいせつな写真などを送りつける。
  • わいせつな写真をネットにアップする。
  • 電話や手紙で、卑猥な言葉を使う。

まとめ

いかがでしたか?

いけねっ、ストーカーになりかけてた……という方も、もしかするとおられるかもしれません。

法を守って、節度ある恋愛を――。







✔こちらもよく読まれています。