髪を強く引っ張られた際、手を弾いて反撃する方法


「髪の毛をつかまれた! 痴漢を引き倒し、蹴りを見舞う方法」と似たようなシチュエーションですが、ここでは髪の毛をぐいと引かれて、身体のバランスを崩しそうになっている場合の対処法をご紹介します。

痛みがあると、抵抗する気持ちがなえますが、相手ははなからそれを狙っています。適切な護身術を駆使して、悪らつな暴力漢に屈しないようにしましょう。

髪を強く引っ張られたとき、その手を弾き、反撃する方法

az1

髪の毛をつかまれた。やったな!

az2

髪の毛をつかんで、自分のほうへと引いていく暴漢。さからうと痛いので、相手の手の動きに合わせて、一方踏み込み、相手の太ももあたりをつかみにかかる。蹴りあげられないよう注意して。

az3

顔面蹴りを喰らわぬよう、こんなふうに片方の手で顔をガードするとベスト。この姿勢になると、相手は左足の自由を失っている。

az4

髪をつかむ相手の右手を、頭で押しあげるようにして立ちあがり、左手でその手を思いきり弾きながら、同時に右手でストレートパンチを繰りだします。

az5

ハイ、クリティカルヒット。攻撃するなら、しばらく反撃できないくらいのダメージを与えないとかえって危険です。一撃必殺。急所を狙いましょう。こめかみ、鼻、首、みぞおちなどです。

ご注意

ここでご紹介したのは、絶体絶命の状況下、相手の動きを封じ、逃げるための撃退術です。完膚なきまでに叩きのめそうなんてまちがっても考えないようにしてください。

やりすぎは禁物です。でも中途半端も禁物。相手を不用意に怒らせると危険です。狙いは、意表を突き、相手をびっくりさせて、その隙に逃げるか助けを呼ぶこと。相手はあなたが女だと見くびっていますからね。

ピンチにおちいったら、人間だれしも恐怖と緊張で身体がすくみます。護身術はふだんの練習がものをいいます。頭で考えなくてもからだが勝手に動く、というくらいまでくりかえしシミュレーションしておきましょう。

護身術があるから安心とも考えないで。相手がバットやナイフなどの武器を所持していたら、女性が素手で対処するのはほぼ不可能です。あくまで、いざ、というときの保険、と考えてください。







✔こちらもよく読まれています。