ストーカーはどんな法律で取り締まれるの?


ストーカーストーカー行為を禁止する法律の代表格がストーカー規制法。これは周知のとおりですが、ストーカー規制法以外にも、軽犯罪法や刑法などがストーカー加害者に適用されることがあります。

いま現在、ストーカーにつきまとわれているという方は、相手の行為が次のいずれかに該当しないかどうか、ぜひチェックしてみてください。あてはまるものがあれば、警察があいだに入ってくれる可能性大。さっそく通報しましょう。

いま現在、ストーカーをしているという方は、ご自分の行為が以下いずれかに該当するようであれば、法を犯しています。処罰の対象です。即刻、中止しましょう。

ストーカーを取り締まる法律(刑法、軽犯罪法)

郵便物を盗まれたり、開封されたりした 刑法133条 親書開封罪
ガラス切りやピッキング用ピックなど、あなたの住居に侵入するのに用いられる道具を携帯している 軽犯罪法1条(3号)
自宅や浴室、脱衣所、トイレなどをのぞかれた 軽犯罪法1条(23号)
あなたの自宅に勝手に侵入した 刑法130条 住居侵入罪
こっそりあなたのものを盗んでいた 刑法235条 窃盗罪
鉄棒や刃物など、あなたに危害を加えられる道具を携帯している 軽犯罪法1条(2号)
ケガをさせられた 刑法204条 傷害罪
どこかに閉じこめられた 刑法220条監禁罪
みんなのまえで悪口をいわれた 刑法231条 侮辱罪
名誉を傷つける発言をされた 刑法230条 名誉毀損罪
脅迫されたり、なにかをむりやりさせられたりした 刑法222条 脅迫罪、刑法223条 強要罪
暴力や脅迫によってわいせつな行為を強要された 刑法176条 強制わいせつ罪
刑法177条 強姦罪
泥酔したりしていて、抵抗できないのにわいせつなことをされた 刑法178条 準強制わいせつ罪、準強姦罪

民法で、慰謝料や損害賠償も請求できる

もうひとつ覚えておきたいのは、以上のような犯罪行為によって心身にダメージを負った場合、あなたには加害者から慰謝料を受けとる権利があるということ。ものを盗まれたり壊されたりしていた場合は、損害賠償請求も可能です。

民法で保証された権利です。弁護士に相談しまょう。







✔こちらもよく読まれています。